Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無念の大型台風接近 全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦決勝が中止

今週末は鈴鹿サーキットで開催された、全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦に行ってきました。

当シリーズもこのレースが最終戦。タイトルがかかった重要な一戦です。
今回は日曜午前のレース1と午後のレース2の2レース制での開催となっていて、更にボーナスポイントも有りという事もあって、大量得点のチャンス。
ポイント上は前戦終了時の上位8名までチャンピオンの可能性がありますが、実質的には自力での可能性がある4名の争いになる見込み。

しかしながら、何故だかこの季節には珍しく長雨が続いており、しかも台風が接近中という事で、コンディション的には不安のある週末になる事はある程度予想はしていました。

と言う訳で、まずは金曜日午後の専有走行から。

IMG_B2540.jpg
予想通りの雨でウエットコンディション。各社レインタイヤを装着しての走行です。

IMG_B2585.jpg
ポイントランキングトップの石浦宏明選手(33.5pt)。一昨年のチャンピオン。
今季1勝ながらノーポイントレースがなく、ポイントリーダーを死守。
国内トップフォーミュラ8年目のベテランドライバー。

IMG_B2658.jpg
同2位のピエール・ガスリー選手(33pt)。SFには今季より参戦。
昨年のGP2チャンピオンで、既にF1でもマレーシア・日本の2戦に出走。
今回はF1アメリカGPと日程が重なってしまいましたが、チャンピオン獲得のため今大会に出場。

IMG_B2629.jpg
同3位のフェリックス・ローゼンクヴィスト選手(28.5pt)。SFには今季より参戦。
F1の登竜門と言われるマカオF3で過去2勝している実力派。
まだ未勝利ながら、手堅くポイントを稼いでチャンピオンを狙う。

IMG_B2631.jpg
同4位の関口雄飛選手(25pt)。昨年よりSFに参戦。
SFデビューは28歳と遅咲きながら、昨年・今年と2勝し既に計4勝。
昨年に続いて、自力チャンピオン争いの権利を残して最終戦に臨む。

IMG_B2684.jpg
専有走行が終了し各車ピットへ。その際タイヤ交換と給油のピット作業の練習を行うチームも。
ちなみにラップタイムは1分50秒台で、ドライ路面の15秒落ちといったところ。


さて翌土曜日も雨。まずは午前のフリー走行から。
雨量は金曜より多めだった事もあり、屋根のあるグランドスタンドV2エリアで観戦する事にする。

もし午後の予選がキャンセルになった場合、このフリー走行のタイムが日曜日の決勝グリッドに反映されることが決定していた為、各車が積極的にタイムを出しにいく。
そんな中、チャンピオンの可能性を残している中嶋一貴選手がコースオフしてクラッシュし、赤旗中断。

IMG_B2696.jpg
赤旗中断の解除を待つチーム無限のピット。いつでもコースイン出来る様待機しているのが分かる。

IMG_B2700.jpg
しばらくして赤旗解除となりセッション再開となるも、悪コンディションの為コースオフして止まってしまうマシンが続出し、その都度赤旗でセッションは中断。
結局このフリー走行でのトップタイムは1分54秒台。やはり昨日よりコンディションは良くない様子。

そして午後の予選。
悪天候の為実施が危ぶまれたが、なんとか開始時間を遅らせてQ1がスタート。

IMG_B2711.jpg
・・・が、始まるとほぼ同じころ再び雨足が強まってきた。写真でもよく判るくらいの雨量である。
結局全車1周も計測ラップが取れないうちに赤旗中断。

IMG_B2717.jpg
しばらくして雨足が弱まり、セッションは再開されたのだが・・・。

IMG_B2719.jpg
ローゼンクヴィスト選手がホームストレートエンドの川に足をすくわれ、いきなり1コーナーでコースアウト。
またもや誰もラップ計測を行えないまま、赤旗中断となった。

その後、結果的に計4回も赤旗中断となる波乱の展開。
とにかく各車、少しでも良い状態で走行しタイムを出したい為に、セッション再開が宣告される度にピットロード出口に多数のマシンが殺到するという異様な展開が繰り返される。

IMG_B2723.jpg
そうなるともはやクリアラップを取るのも難しい状態。水煙で視界の悪い中で、全車が必死のタイムアタック。
あまりにもコンディションが悪く、大きなアクシデントが起きなかったのは幸いとも思える様な状態。

IMG_B2724.jpg
ちなみに最後の赤旗中断の原因を作ってしまったのは、0.5pt差で逆転チャンピオンを狙うピエール・ガスリー選手。
こちらも先ほどのローゼンクヴィスト選手と同様、ホームストレートエンドの川で体勢を乱してのコースアウトでした。
この時点でセッション残り時間はごく僅かであった為、この赤旗を持ってQ1は終了。
トップタイムをマークしたのは、アンドレ・ロッテラー選手でした。

その後悪天候の為、続くQ2・Q3の中止が発表され、予選はこれで終了。
決勝のグリッドは、レース1がQ1のベストタイムを採用とし、レース2のグリッドはセカンドベストのタイムが採用されることになった。
とはいうものの、赤旗中断の連続でセカンドベストのタイムをまともに刻めていないドライバーも何人かいた様子。

その後私はサポートレースの、86&BRZプロシリーズの予選を観戦し、ドライバートークショーを見た後帰路につきました。
帰宅後しばらくして、日曜の決勝を一緒に見に行く友人から電話があり、決勝の中止が決定したと知る事になるのでした。

結局この決定を持って、今シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権の全日程が終了となりました。
しかしながら、ホンダからの要請でF1アメリカGPをキャンセルしてSFタイトル奪取を目指していたガスリー選手は無念でならないでしょう。
しかし日曜のレース2を行っているであろう時間帯では、雨量は昨日より更に多くその上に風も強まりつつある状態であり、フォーミュラカーで走るのは危険すぎると思われ、更に観客の安全も考慮すれば中止は賢明な判断だったと思われます。

でもやっぱり、好コンディションでのガチのタイトル争いが見たかったので、中止は非常に残念。
最後に一言 「台風の馬鹿ヤロー!!!」


ただ今、にほんブログ村に参加しています。
↓ご訪問頂いた際に、こちらをクリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

旧関西鉄道458号貨車 貨物鉄道博物館へ

相も変わらずリアルタイムで更新出来ていませんが・・・って毎度毎度同じ出だしでありますが(汗)

9月下旬に、関東鉄道で倉庫として使用されていた国内最古級の貨車が貨鉄博に搬入されました。
この貨車が10月1日より公開されることになった為、見に行ってみる事にしました。

この貨車は1900(明治33)年に、当時の関西鉄道四日市工場にて製造されたものだそうで、御年なんと117歳!
この度故郷の三重に里帰りした恰好となりました。

171001A.jpg
171001B.jpg
こちらが旧関西鉄道458号有蓋貨車。残念ながら車輪などの下回りは残ってません。

171001C.jpg
案内板には搬入時の様子や、関東鉄道で倉庫として使われていた頃の写真も。

171001D.jpg
当日はテレビの取材も入っていました。

今後修復作業も行われる予定だそうですが、とても古い車両故に詳細な図面なども残っていない様で、どこまで修復可能か気になるところです。


ただ今にほんブログ村に参加しています。
↓ご訪問頂いた際に、こちらをクリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

服部 尚貴&田ケ原 章蔵 トークショー in GR Garage 鈴鹿 OPENイベント

先週 のある朝、新聞に「GRAND OPEN GR Garage 鈴鹿」という一枚の折り込みチラシが入っていました。

広告を見るとイベントの一つに、プロドライバートークショーというのがあり・・・。

170924A.jpg
おおっ、24日の日曜日に服部尚貴選手が来るではありませんか!これは是非行ってみたい。

服部尚貴選手といえば、1990年代のモータースポーツ界で国内トップクラスのドライバーとして活躍したすごい人(知らないという人は是非ググってみて下さい)。
現在でも、86&BRZワンメイクレースにドライバーとして参戦する傍ら、若手の育成やレースイベントの競技委員を務めたりするなど、モータースポーツ界にて活躍されています。
何を隠そう私、地元の三重県四日市市出身という事もあって30年近く前からの服部選手のファンだったりします。

と言う訳で、友人と連れ立って、イベント会場へ。

170924B.jpg

170924D.jpg

ちなみにGR Garageはトヨタ車のカスタマイズを手掛ける、トヨタディーラーの専門店(という表現でいいのかな?)です。
しかしながら我家は日産車とスズキ車を所有、同行の友人はホンダ車ユーザーなので、二人ともトヨタとは縁はなかったり・・・。

しばらくしてトークショー第1部が始まり、ゲストお二人が参戦されている86&BRZレースなどの話題を中心に進んでいきます。
スタッフの方が進行役として居たのですが、田ケ原選手がMC張りに喋って会場を盛り上げていました。
そしてトークショーの話題の中で、今回のイベントでゲストドライバーが運転する車に同乗できるという企画があるという事を知りました。これは是非とも、服部選手のドライブするクルマに乗ってみたい!

すでに午前の部は終わっていた為、午後の部の同上体験に参加する事にしました。
クルマは2台用意されていてかつドライバーは2人いる、という事は服部選手に当たる確率は50%って訳ですが(汗)。

近くのコンビニで昼食を済ませた後、午後の部の受付を済ませます。
そしていよいよ同上体験の時間。私たちは運よく服部選手のドライブする車に同乗する事が出来ました。

170924K.jpg
170924L.jpg
こちらが服部選手のドライブするレクサスLC500。
お値段なんと1300万円とな。なんつー高級車、家一軒建つじゃん。

そして服部選手のドライブするレクサスが、街中に・・・。私はいい歳こいて、緊張&興奮・・・。
1300万のレクサスに乗れたことなんぞ、もうそっちのけ状態です(笑)

170924J.jpg
服部選手は気さくに色々話してくれて、わずか15分程度でしたが正にもう夢の様な至福なひと時でありました。
クルマを降りる際には握手をして頂き、サインや写真撮影にも気軽に応じてくれて、もう最高の一言!

そのままの勢いで、トークショー第2部も見に行く事にし、会場で待っていました。
そんな時、田ケ原選手が私たちの座っていた席の隣へ。
そして「なにか服部選手に聞いてみたい事あります?」なんて声をかけてくれました。
なんていい人や~。

170924F.jpg
トークショー中の様子(肖像権とかの事もあるので、一応お顔にはマスクをかけておきます)。
トークショーでは私たちが田ケ原選手にリクエストした、服部選手のF1スポット参戦の時の裏話も披露してもらいました。

という事で、とても充実した1日を過ごさせて頂きました。
服部選手、田ケ原選手、そしてGR Garageスタッフの皆様、どうもありがとうございました。


ただ今、にほんブログ村に参加しています。
↓ご訪問頂いた際に、こちらをクリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

貨物鉄道博物館 展示車両大移動

もう毎度の事ですが、全くリアルタイムで更新出来ていませんが・・・(笑)
貨物鉄道博物館の今月の開館日には、展示車両の大々的な入換作業が行われました。

070903A.jpg
こちらが入換前の状態。
先頭から・・・
B4形39号蒸気機関車、ト200形 ト246、シキ160、ホサ1、テラ1形 テラ146、ワ11形 ワ11、ワ1形 ワ5490、ワフ21000形 ワフ21120
以上の順番に並んでいます。
今回はシキ160以降の編成順を入替えます。

070903B.jpg
私が貨鉄博に到着した時にはまだシキの洗浄作業が行われており、入換え作業は予定より少々遅れて始まる事になりそうです。

入換え作業は午後2時からスタートしました。
070903C.jpg

070903D.jpg

070903E.jpg
2台のアントを巧みに使いながら入換作業が行われていきます。

ただ、予定になかったワフの屋根の修理作業が必要である事が判った為、当初の計画通りで作業が進められなかったらしく、スタッフの方々もやや混乱した状態(?)が見受けられました。

070903K.jpg

070903M.jpg
作業内容を詳細に解説してもよく判らないかと思うので、その辺は省かせて頂きます。
まあはっきり言って、ずっと見ていてもだんだん訳が判らなくなってきてしまうのでした(笑)

070903P.jpg

070903X.jpg
時にはスタッフの方の手押しで移動させたりも・・・。

070903Z.jpg
作業予定は1時間ほどの予定だったそうですが、先に述べたイレギュラーな事態の為作業時間は予定より大幅に遅れてしまいました。そんな時アクシデントが発生・・・。
作業開始から1時間半位経った頃、1台のアントが動かなくなってしまいました。
さすがにこれでは作業もいつ終わるか判らず、下手をすれば途中で終了してしまう事も懸念されたので、私はここで作業の見学をリタイアしてしまいました。

しかしながらその後無事作業は完了したとの事でしたので、後日入換後の状態を見に行ってみました。
070910A.jpg

070910B.jpg
写真右から今回は移動していないト246、続いて ワフ21120、ワ5490、ワ11、更にアント1台を挟んで・・・

070910C.jpg
シキ160、ホサ1、テラ146の順に並んでいました。
この状態はワフの屋根の修理が終わるまでの暫定の編成となるようです(ワフがこの位置では変ですからね)。


ただ今にほんブログ村に参加しています。
↓ご訪問頂いた際に、こちらをクリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

久々に貨物鉄道博物館へ

毎度の事ながら、リアルタイムでの更新ではありませんが・・・
先週の日曜は久々に貨物鉄道博物館へ。
今月は鉄道模型のサマーセールが開催されるとの事でそれにつられて行った訳ですが、結構掘り出し物が見つかる事も多いのでホントはマメに足を運びたいところなんですけどね。

まずは貨鉄博に向かう途中で貨物列車を撮影しました。

170806A
鈴鹿山脈をバックに走る上りセメントタキ。空模様はあいにくの曇天です。

170806B.jpg
フライアッシュを積載し東藤原を目指すホキ1000。共に三里-丹生川間にて撮影。

170806C.jpg
と言う訳で貨鉄博に到着です。

170806D.jpg
丹生川駅ホーム脇の展示線です。
本来は青い塗装のDB101はただ今整備途中の様で、錆止めの赤い車体になっています。

170806E.jpg
展示館側の貨車の並びです。現在は貨車がこの様な並びになっていますが、これには訳があるようで・・・

170806F.jpg
スタッフの方により、シキが洗浄作業中でした。

170806G.jpg
全ての貨車が展示館側に寄せられているので、最後尾はUR4-1冷蔵コンテナより東側に来ています。
ちなみにブルーシートの中にはアントがありました。

ところでサマーセールの戦利品(?)ですが、最近市場で見かけなくなったタキ1900セメントターミナル3両セットをゲットしてきました(セール対象商品ではなかったのですけどね)。


ただ今にほんブログ村に参加しています。
↓ご訪問頂いた際に、こちらをクリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

Appendix

プロフィール

INITIAL‐S

Author:INITIAL‐S
昭和生まれの40代のオヤジ、2児の父。

趣味は鉄道(鉄道模型)やクルマ等々。
20代半ば頃より愛車のドレスアップにハマっていたが、ここ最近になって子供の頃好きだった鉄道に戻ってきています。
最近では、少ない小遣いの大半を鉄道模型につぎ込む日々・・・。

FC2カウンター

2010/8/19~

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村




↑より良い記事を目指して行きたいと思いますので、当ブログが面白かった・役に立ったなどと感じていただけたら、クリックして頂けると嬉しいです。

PR



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。